本当にその「ペット保険」保障内容は大丈夫?

ペット保険の補填割合を比べてみると

ペット保険は数多くありますが、大きく分けて損害保険会社系と少額短期保険会社系の2つです。前者はアニコム損保、アイペットなどで、後者はペットメディカルサポート、ペット&ファミリー少額短期保険などがその代表です。補償タイプをみると、定率補償と実額補償があります。 定率補償とは実際にかかった治療費の一定の割合を補償してくれるもので50%プラン、70%プランがあります。実額補償はかかった治療費の全額を補償してくれるものですが、その分月々の保険料は高くなります。 どちらのプランを選んでもすべてその通りに補償されるわけではありません。限度額を設けている保険会社がほとんどです。例えば50%プランを選んだとしましょう。治療費が30万円であった場合、50%だからといって15万円が帰ってくるわけではありません。最高限度額14万円となっていれば14万円の50%で7万円が帰ってくる仕組みです。その辺をよく理解しておかないと誤解が生じます。

見落とされがちな特約、ペット賠償責任特約

主契約のほうにばかり目がいっていると、見落とされるのがペット賠償責任特約です。保険料が安くていいと思っているとこの特約がない保険会社ということもあります。元気なわんちゃんを飼っている方は是非この特約があるかどうか確認したほうが良いでしょう。 ペット賠償責任特約とは他人に対しての噛みつき事故や人の持ち物を壊してしまった場合などに支払われる賠償金です。わんちゃんは飼い主にはおとなしくても他人にはどんな態度を見せるのか予測がつきません。万が一何かに驚いて人を噛んで怪我をさせてしまった場合の治療費や損害賠償などを補償するという特約はつけておいたほうがよいものです。大抵の場合、主契約にほんの数百円上乗せするだけでつけられる特約です(アニコム損保の場合月々140円で1000万円まで補償)