知って安心!ペット保険の選び方

かかりつけの動物病院で対応しているか確認する

ペット保険は、人間用の健康保険とは異なり病気や怪我による通院に対する保障と相手に怪我をさせてしまった場合の傷害保険を組み合わせた総合保険が一般的です。かかりつけの動物病院では保険証を見せるだけで窓口では自己負担分のみ支払えば良いので、気軽に通院出来るようになります。対応状況を確認せずに加入すると、窓口で一旦全額を自己負担して後でまとめて保険会社へ保険金請求する手間が発生します。 ペット用の保険証を作成する際には、ペットの写真付きタイプを選べると良いでしょう。確かにそのペットが保険対象と動物病院でも簡単に把握出来るので、安心して利用出来ます。保険会社により保険証の発行には時間がかかるので、加入から30日間は待機期間がある間に保険証が届かなければ一度連絡をしてみる必要があります。

保障内容は免責事項に注意

ペット保険では、通院保障内容が50%や70%保障のプランが一般的です。ペットの種類や平均寿命により、加入開始年齢に上限が設けられていることが多く、免責事項が必ず設定されているので加入前に熟読して確認しておく必要があります。 窓口で自己負担分のみを支払えば済むタイプの保険であれば問題ありませんが、後から自分で保険会社へ請求する方式の契約では免責事項が多く設定されていることが特に多いので注意しなければなりません。保険料が月あたり3000円から5000円程度のペット保険が一般的ですが、年間使用回数に上限が設けられているので計画的に利用する必要があります。月額料金が2000円以内のペット保険を選ぶ際には、手術費用に対する保障額など必要な保障が削られていないか注意が必要です。